ページ

2014年8月20日水曜日

掘削用の車両系建設機械。分類とCAD図面データについて

掘削用の車両系建設機械。分類とCAD図面データについて

 スポンサーリンク


 フリーの建設機械CADデータ・姿図・イラスト集のページがあります。
  http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/01kenkikai.htm

〇 掘削用の車両系建設機械の分類について
 パワーショベルは、 上部旋回体にショベルの作業装置を取り付けたもので、地表面より上の掘削に用いられます。
 ドラグショベル・バックホウは、 主力は油圧式で、地表面より下の硬い土の掘削に適しています。
 ドラグラインは、 地表面より下の軟らかい土や砂利などの掘削を行います。 河川や軟弱地など作業に適しており、硬い土の掘削には適しません。
 クラムシェルは、 ドラグラインと同様、地表面より下の比較的軟らかい土や、破砕された岩石などの掘削に用いられます。 特に掘削断面が小さく、深く掘削する場合に適しています。
 バケット掘削機は、 バケットホイールエキスカベータともいいます。 大規模土木工事に用いられ、掘削と積込が連続して行えます。 比較的軟らかい土地の掘削に適しています。
 トレンチャーは、 連続溝掘削に用いられます。
 また、他の車両系建設機械としては、 ユンボ、ミニショベル、 ホイールローダ、ブレーカー、コンクリートホッパーなどがあります。

〇 掘削用の車両系建設機械のメーカーについて
 掘削用の車両系建設機械のメーカーには、 コマツ、西尾レントオール、日立建機、コベルコ建機、 アクティオ、ニッケンなどがあります。

〇 建設機械のCADデータについて
 フリーの建設機械CADデータ・姿図・イラスト集のページがあります。
  http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/01kenkikai.htm


0 件のコメント:

コメントを投稿